【お金の知識】投資初心者がまず読むべき漫画インベスターZ 

Pocket

こんにちは!porigasa(@porigasa2)です

投資について学び始めの段階って何から勉強したらいいのかさっぱりわからないですよね。

いきなり難しい本に手を出すと、途中で挫折しやすいです。

そんな投資初心者の人にまず読んでほしい漫画「インベスターℤ」を紹介します。

インベスターというのは、「投資家」という意味で、お金や投資がテーマの漫画です。

ストーリーを楽しみながら読んでいるうちに、投資に対するイメージが掴めてしまいます。

「インベスターz  お金」の画像検索結果

あらすじ

お金って何だ?
創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこと。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった!
「この世で一番エキサイティングなゲーム
人間の血が最も沸き返る究極の勝負……
それは金、投資だよ。」

ざっくりまとめると、「エリート中学校に入学した主人公が、「投資部」に入って、実際に投資を行なっていきながら、お金や投資について学んでいく」というストーリーです。

作者は三田紀房(みたのりふさ)さん。「ドラゴン桜」でも有名な方です。

 

投資初心者におすすめな理由

漫画だから読み進めやすい

何かを勉強しようと思ったときに、いきなり難しい本に手を出したりしたら、たいていの場合挫折してしますよね。僕も何度か失敗したことがあるんですが、買ったときはまだやる気満々でも、読んでるうちに知らない単語が次々に出てきまってだんだんと萎えてくるんですよね。

その点、インベスターℤは、漫画なので、ストーリーがあって読み進めやすいです。もはや勉強という意識すらなく読めます。漫画なのでイラストなんかで視覚的に理解できるのも最高ですね。

最近もともとある本を漫画化して販売する流れがありますが、やっぱり文字オンリーよりは、漫画でストーリー付きの方が読み進めやすいってことでしょうね。一番学び始めの段階は、漫画からはいるというのは投資に限らずどの分野でも結構ありな気がします。

主人公が初心者⇒わかりやすい説明に!

あらすじでも紹介しましたが、主人公は入学したばかりの中学1年生という設定。当然投資に関しては全くの初心者です。

この主人公が投資初心者という設定がなかなか良くて、何も知識がない状態の主人公に周りの先輩たちが投資について1からわかりやすく教えてくれます。おかげで読んでいる側としても、主人公と一緒に勉強していくような感覚で、知識を付けていくことが出来ます。

新しいジャンルのエピソードが出てくるたびに初心者の主人公向けにいちいち説明があるので、途中で置いていかれることなく読み進めていくことができるわけです。

さらに主人公がなかなか我の強い?キャラで、考えたことを遠慮せずに周りのキャラにぶつけてくれるので一歩踏み込んだような内容まで知れたりすることも。

何について学べるのか?

投資の全体像をつかめる

様々な種類の投資が登場

投資に関しては、株から始まり、FX、不動産、金、ベンチャー投資まで様々な投資の種類が登場します。一般人がこれら全部を試してみるはなかなか厳しいと思いますが、そもそもどのような種類の投資があるのか。投資全体に対するイメージをつかむことが出来ます。

考え方も学べる

投資の実践的な知識だけでなく、投資をする上での心の持ち方だったり、そもそも何のために投資するのか?なんて内容も学ぶことができます。実践的な本は結構あってもこういった投資の根本的な部分が知れる本はなかなか少ないんじゃないかなと思います。

お金の教養が身につく

投資に限らず、お金に関するかなり幅広い知識が付きます。例えば、1巻では、「そもそもお金とはなんなのか」「お金はどのようにしてできたのか」というお金の歴史が扱われています。

なぜか学校では教わらないし、自分から学ぶ人も少ないですが、お金の知識は自分の一生に関わってきます。実際、お金の知識がないことで、損をしてしまったり、無駄に不安を感じたり、最悪の場合だまされてしまうことも。そんな大切な知識を学ぶいい機会になるんではないかと思います。

自分や自分の周りの人のためにも、投資をやらない人にも一度は読んで欲しいくらい。毎日目にしているお金について、知らないことが意外と多くて、びっくりさせられます。

個人的に衝撃的だった「貯金」についてのエピソードを紹介。第3巻で読めます。

貯金=善とされる価値観は戦争がきっかけで生まれた

日本人って、貯金好きな人が多いですよね。

外国と比べても、実は日本人の財産における、貯金の割合ってものすごく高いんです。

漫画の中でその理由がわかります。

「インベスターz 貯金」の画像検索結果

なぜ日本人が貯金好きなのか?

一言でいうと、

「戦争があったから」なんだそうです。

具体的に言うと、

  1. 戦争のために国はお金が必要↓
  2. そのお金を集めるためには国民からお金を集める必要がある↓
  3. そのために、貯金=正義という価値観で国民を洗脳した↓
  4. そしてその価値観を今も日本は引きずっている

という流れで、今も貯金が正義、投資は悪という風潮が残っているわけです。

僕自身、これを読んで、貯金に対する見方がガラッと変わりました。

なんだか「貯金すべき」といいうのは当たり前のような気がしていましたが、実はもともとは戦争のために、国が作り出した考え方で、それをいまだに引きずっているだけだということです。

こんな風に、知識をつけると今まで見えていなかったお金の一面もみえてきます

実在の人物も登場

ホリエモンやZOZOTOWNの前澤社長が登場

なんと、インベスターℤでは、漫画内に、実在する著名人である、ホリエモンや、ZOZOTOWNの前澤社長なんかが本人として登場します。(ホリエモンは8.9巻、前澤さんは13巻に登場)

本人への取材を基にして描かれているので、今現在活躍されている方たちがどのような考えを持っているのか知ることができて面白いです。

↑ホリエモンは漫画の中でもやっぱりインパクトがありました。

ちなみに巻末には、登場した人物に対するインタビューなど、それぞれの分野のプロへのインタビューがのっていて、漫画の中だけでは紹介しきれなかった深掘りした内容も知ることが出来ます。

注意点:絵が個性的すぎる・・・

内容とは関係ないけれど、一つだけ忠告しておきたいのが、絵がものすごく個性的だということ。

「ワンピース」や、「進撃の巨人」のように、巻数を経るごとに、絵が成長するなんてことも、残念ながら一切ありません(汗)

もうそこはある意味徹底してる・・・

本当にいろんなことを学べて素晴らしい漫画ですが、その点だけは注意しておきましょう。

「インベスターz  女の子」の画像検索結果

男はまだいいですが、女の子が絶望的であります・・・。

まとめ:投資の勉強第一歩にオススメ!

投資初心者など、投資に興味があるけれど、いまいちイメージがわかない人、不安がある人には、まずはこのインベスターℤを読んでみることをオススメします。

読み進めやすい上に、投資だけでなくお金に関わる幅広い知識が身につきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です