お金から解放されるための基礎知識を学んでみた.労働者⇒資本家を目指すべし

Pocket

お金の悩みから解放されるための基礎的な知識を学んだので紹介。

「お金があればすべてうまくいく」 はさすがに言いすぎかもですが、まあ、お金がないとできないことってたくさんありますよね。

自分自身、年齢が上がって、使える額が増えるにしたがって、できることや、見える世界が広がってきたなというのを実感しています。

小学生のころなんて、全然お金を持ってなかったので、自分の行きたいお店へ行って、食べたいものを食べるなんてこともできませんでしたからね。

それに比べれば、今は松屋くらいならなんでも好きなメニュー食べれますしね。

正しい知識をつけていくことで、お金がないからという理由で、自分のやりたいことができなかったり、ほしいものが手に入らなかったりという、お金に関する悩みを減らしていけるはず。

そのために大切になってくる基本的にな考え方を紹介します。

内容は以下の3点

  1. 労働者⇒資本家になる
  2. お金になる木をつくる
  3. まずは種銭を稼ぐ

僕自身が超初心者なので、同じ初心者向けかも。

では詳しく説明していきます。

①労働者⇒資本家になる

労働者というのは、いわゆるサラリーマンだったり、高校生大学生のやってるアルバイトなんかもそう。「時給」という考え方で、自分の「労働力」や「時間」を売っている状態です。

それに対して、資本家というのは、自分の労働力ではなくて、自分の持っている「資産」から収入を得ている状態。つまり、すでに持っている資産から、自分が働かなくても、収入を得ることができます。まずこの2つがあるというのを知ったうえで、資本家を目指していくのが大切。

②お金になる木をつくる

お金のなる木というのは、自分の代わりに勝手に働いて、お金をもたらしてくれる存在です。

具体的には、株や不動産だったり、本だったり。最近だとyoutubeだったり、ブログもそう。

youtubeなんかは自分もよく見るのですが、あれって、大変なのは動画を作る最初だけで、あとはyoutube上に残った動画を世界中の暇な人が何度も何度もみて、結果めちゃくちゃ儲かります(たぶん)一度作った動画が勝手に働いてくれている状態です。

まあyoutubeに関しては毎日更新しているストイックすぎる人もたくさんいるので、楽なのかは結構謎ですが、とにかくお金になる木=資本をつくったり、買うことで、自分が働かなくても、お金が手に入るようになります。

個人的には、これは超絶魅力的に感じるところ。自分が寝ている間も遊んでいる間も、勝手にお金を稼いでくれるなんて優秀すぎる。。。

いっくら自分が超時給のいい仕事につけたとしても、どうしても自分が働かないと、お金ははいってきませんからね。

③まずは種銭を作る

お金のなる木を買うにも、最初は資本が必要。いくら資本家になりたくても、稼いだお金をぜ~んぶ遊びに使っていたら、お話になりません。支出を減らして、投資ができるようにまずは元手をつくっていかないといけません。

また、お金だけでなく、時間が必要になってくる場合もあります。youtuberでいう編集時間ですね。

稼いだらただ使うのではなく、支出を減らし、投資をするための種銭をつくる

という意識を持つことが大切になってきます。

 

まとめ

以上、お金の悩みから解放されるための基礎的な知識をまとめてみました。

なぜか学校では教えてくれない上に、ちょっとタブーとされる風潮もあるお金の話ですが、一生関わるものなのに、よく知らないまま、なんとなく使っていくのは結構無謀な気がします。

ちなみにお金の勉強の入門としてはこんなのもオススメ。

お金の教養はここから! 漫画「インベスターZ」

まだまだ自分も勉強中ですが、少しずつでも正しい知識をつけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です