大学生がクレカを作る5つのメリット/楽天カードを1年間使った感想 

Pocket

こんにちは!porigasaです。

クレジットカード持ってますか?クレカ払いしてますか?

僕自身、以前まではクレジットカードに対してなぜか危険なイメージを持っていたのですが、実際に1年以上カードを使ってみて、正直メリットが多すぎるし、逆に使っていないと、損するんでは?と思うようになりました。

今ではすっかり味を占めて日常生活のほとんどの支払いはクレカ払いにしています

学生だと意外と使っていない人も多いし、そもそも使うメリットがあまり知られていなかったりするんですよね。

ということで、僕自身が1年以上クレカを使ってきて感じたメリットと、おすすめのカードを一緒に紹介していきます。

学生がクレカを持つ5つのメリット

①ポイントが手に入る=節約になる

 

これは知っている方もかなり多いかと思いますが、カードを使うことで、ポイントが手に入ります。

カードによってポイントの種類が変わってきますが、カードを使うことで、使った額の一部がポイントとして手に入ります。例えば、僕が使っている楽天カードでは、1%のポイントが付くので、1000円の買い物をすると、10円分がポイントとして手に入ります。1000円のものを、実質990円で買えるということ。

カードを使う限り、この割引が自動で発動するので、ただ支払いをカードにするだけで、結構な額の節約になります。

「時間はあるのに金がない・・・」というのは、学生のうちではよく聞く話ですが、実際カード払いを増やすことで、かなりおサイフ的には助かるんではないかと思います。

「節約するぞ~」とわざわざ意識しなくとも、使うだけで勝手に節約につながるというのがかなりいいかなと思います。

 

②海外旅行で大活躍

学生にもなると、海外旅行をするなんて言う機会も出てくるかと思いますが、カードを持っているだけで、旅行がだいぶ快適になります。

理由は大きく分けて2つ。

①海外ではクレカ払いが多い⇒両替手数料の節約に!

下のグラフを見てもらってもわかる通り、クレジットカードは結構海外でも普及していて、日本国内と比べても、クレカ払いができるお店が多かったりします。

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015 年)

経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」より引用

例えば、僕が10月に1週間ほど旅してきたトルコでは、クレジットカードがかなり普及していて、ほとんどのお店でクレカ払いができました。

自分もなんと旅行中に詐欺にあい、現金を日本円も含めて根こそぎ奪われるなんていうさんざんな目にあいましたが、カードがあったおかげで、その後もなんとか生き延びることができました。

これはだいぶ極端な例で、こんなことはあまりないとは思いますが本当に助かりました。感謝感謝。

トルコ一人旅中に詐欺に合った話

また、基本的に、日本や現地の空港などで両替するときには、結構の額の手数料がとられます。そのため、海外旅行では、両替をするより、クレジットカード払いのほうが、結果的に得であることが多いです。

僕自身、海外旅行中に現地の現金を大量に持ち歩くのは危険だったりするので、少額の現金+クレジットカードを持ち歩き、支払いは基本的にはカードを使っています。

 

 

②旅行保険がついている

多くのカードに旅行保険がついています。

何もせずとも自動で保険が適用されるカードや、旅行費の一部をカードで支払うことで保険が適用されるものなど、カードの種類によって条件は多少変わりますが、旅行先で万が一何かトラブルがあったときに、保険が無料で利用できるというのはだいぶ心強いです。

 

このように、カードを持つことで、保険から現地での支払いまで、快適に旅することができちゃいます。

 

③支払いがスムーズになる

クレカ払いだと、カードを出してサインをするだけなので、小銭をガチャガチャと出したりするより、圧倒的にスムーズに支払いができます。

あと、意外と知られていないのが、コンビニや多くのスーパーやデパートでは、サインなしでクレカ払いができるということ。

サインすらいらないので、超スムーズです。コンビニで急いでいるときとかにはか~~なり助かります。

④支払額が確認できる

大学生になると、高校生と比べても、使うお金の額が圧倒的に増えてきますよね。飲み会やら、旅行やら、サークルやら。出費が多くて何にどれくらいお金を使っているのかが把握できなくなってきますよね。

節約しようにも、いったい何にどれだけ使ってるんだかもわからない状況に。

レシートをとっておいて記録するなんてのも手ですが、まあ超絶めんどくさいので普通は無理ですよね・・・。

クレカ払いをしていると、何にいくら使ったのが自動で記録されるので、後から確認することができます。

しかも、スマホのアプリ上でいつでも確認できます。(↓こんな感じで見れます)

無駄な出費を減らすことにもつながるうえに、管理がとてもしやすく便利。

⑤お金の知識が身につく

海外旅行保険、「リボ払い」についてだとか、そもそもカードの支払いの仕組みだとか、高校生までだとあまりよく知らないことが多いですよね。

お金が一生に関わってくる以上、お金に関する知識をつけることは、超重要ですし、クレカのように、実際知らないと損してしまうようなことも結構あります。カードをつくるというのは、こういったお金に関する知識を付けるための第一歩としてもいいんではないかと思います。

使う額がまだ小さい学生のうちから、カードを使いこなして、知識を付けていくことで、将来的に見てもかなり得できますしね。

 

 

【よくある疑問】

クレカは盗まれたらヤバいのか??

■

 

これは、結構よくある心配だと思います。僕もカードを作る前がこれが結構心配で、盗まれて勝手に使われて、とんでもない額の支払いがきたらどうしようみたいに思っていました。

結論としては、心配は無用でした。

理由は3つ

利用停止の手続きをとることができる

万が一、カードをなくしたり、盗まれてしまった場合は、カード会社に即行で電話をしましょう。電話1本で、すぐにカードの利用を停止することができます

これによって勝手にカードが使われるということも防げます。

盗難保険がついている

カードには、「盗難保険」というものがついています。

警察に届け出をすることで、勝手に使われてしまった額はカード会社が負担してくれます。

利用限度額が決まっている

実は、カードには、「利用限度額」といって、使える額が決まっています。特に、学生のカードは、この額が少なめに設定されていることが多いです。(学生だと大体10万円くらい)

なので、たとえ盗んだとしても、うん百万円もの買い物をすることはできないようになっています。

万が一盗まれてしまっても、

  • すぐにカード会社に電話してカードを停止してもらう
  • 警察に届け出を出して盗難保険の手続きを行う

これさえ覚えておけば、安心して持ち歩くことが出来ます。海外だと、現金を多額持ち歩くほうがよっぽど危険だという説も。

学生でもカードは持てるのか?

A.持てます。なんなら僕は5枚持ってます。(別にそんなに必要ありません。)

大学に通っている時点で、学生が払えなかったとしても、親が払ってくれるだろうという信用があるからです。逆に、社会人になると、親が払ってくれるという信用がなくなるので、学生の時よりも、カードが作りづらくなるなんていう場合もあります。

ただし、学生のうちは、限度額(月に使える額)は少し低めの設定になります。

 

1枚目は楽天カードがおすすめ!

クレジットカードには種類が沢山あって、どれを選べばいいか、最初は結構迷ったりします。僕は今合計5枚、カードを持っていますが、なかでも個人的に一番おすすめできるカードである楽天カードをここでは紹介したいと思います。テレビのCMでもおなじみのカードですね。

このカードは僕が最初に作ったカードで、今もメインのカードとして使用しているお気に入りの1枚。

あまりいろんなカードを使っていると、ポイントも分散してしまって使いづらくなってしまいますので、迷っている人はまず楽天カードをつくれば間違いないと思います。

楽天カード基本情報

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.0%(100円で1ポイント)
  • 楽天市場ではポイントが3倍に
  • 最高額2000万円の海外旅行保険(利用付帯)
  • ネットで申し込み
  • アルバイトをしていない学生でもOK

ポイントがたまりやすい&使いやすい

個人的に一番のメリットはポイントがたまりやすいかつ使いやすいこと。

基本還元率が1%なうえに、楽天市場で買い物をすると、さらに還元率が上がります。さらに楽天市場には本やら家電やら、尋常じゃないほどの商品数があるので、まーず使い道に困ることはないです。

 

こちらが、1年間楽天カードを利用した大学生である僕自身のポイント画面。

2017年の11月から2018年の11月まで、1年で合計13159ポイント=13159円分です。

大体1か月あたりに1100円くらいなので牛丼3杯分弱くらいはありますね。

どうでしょうか。まあこんな額大したことないだろと思うブルジョアもいるかもしれませんが、学生の身分としては結構大きい額です。

 

学生で使っている額があまり多くないため、たまるポイントもこの程度ですが、社会人になって、使う額が増えれば増えるほど、ポイントも当然高くなります。 今のうちに使いこなしておくことで、将来損すことも防ぐことができるので、学生のうちに、使いこなしていきましょう。

普通に使っているだけで、勝手にこれだけのポイントがたまってくれる=節約になるというのが最高です

 

 

まとめ:学生のうちからクレカを使いこなすべし!

以上、クレカの魅力を紹介しました。

自分も、カードを作って実際に使ってみるまでは、なぜかちょっと危険なイメージがありましたが、今ではなるったけクレカ払いしてやろうという勢いです。

節約節約と意識せずとも使うだけで勝手にポイントがたまってくれたり、保険がついてきたり、使わないと損してしまうレベルでお得&便利です。

社会人になると、学生時代よりさらに使う額が大きくなって来ると思いますので、使う額がまだ少ない学生のうちからクレカ払いにしっかり慣れて、ポイントの貯め方や使い方など、お金のうまい使い方を知っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です